占星術(その他)

幸せな母と娘になるための占星術

今月のはじめから父が入院しておりまして、2週間近く母と2人の生活でした。

やはり、母と2人だとなんかペースが乱されるというか、、。

わたしはわたし、母は母

と心の境界線を引いているつもりでも、なかなか難しいものだなと感じています。

夕飯を食べたらブログを更新しようと思っていても、やれ、お父さんがどうだ、親戚がどうだなど、
昼間の出来事を話し出すと、時間があっという間に過ぎていく感じです。

むげにするのもかわいそうだし、父が入院している間はブログの優先度合いを少し下げようと過ごしていました。

父の入院中もセッションがあったり、鑑定があったりなどありました。

その時間がとても自分の時間を過ごしている実感があり、ありがたいなぁと思っていました。

ただ、父の入院は今後もちょくちょくあるでしょうから、今回みたいにあまり割り切っていられないと思っています。

冷たく聞こえるかもしれませんが、わたしにはわたしの生き方があります。

わたしはわたし、母は母、父は父

なんですね。

占星術的な見方だと、「自分のホロスコープを他人に預ける」という観点です。

これは、親子関係だけでなく、パートナー関係にも言えると思います。

その関係性が近ければ近いほど、心の境界線が薄くなります。

母親は子供に「今日はどこに行くの?誰と行くの?」と聞きたい生き物です。

あなたが彼氏に「今日はなんで会えないの?出かけるの?誰と?」とヤキモキしてしまうと一緒です。

関係性が近い分、心の境界線があいまい(人によってはゼロ)になってしまうんですね。

以前のわたしは、この境界線が薄い方だった思います。おかげで数々の「事例」を量産してきました(苦笑)

 

占星術をはじめて、心の境界線が前よりも引けるようになり、生きやすくなった気がします。

母親やパートナーの関係からの悩みはあなたの心の境界線が原因なことが多いんですよ。

お母さんとの関係、心の境界線はあなたのホロスコープに書いてあります。

お母さんと仲良しな方も多いです、わたしのクライアント様は。

けど、あまりに仲良し過ぎるとあなたの人生を親御さんに預けてしまいます。

もしくは、パートナーにあなたの人生を預けてしまいます。

親だったら子供のために頑張ろうとしますが、あなたと他人であるパートナーはどうでしょう?

最初はいいけど、重荷になって投げ出したくなると思いませんか?パートナーとはいえ「他人」です。

 

上手い事、心の境界線が引ける母と娘でありたいと今回は思いました。

 

そんなこんなで、父がうっとおしいと若い頃思っていたわたしですが、、

お父さん、早く帰ってこないかな

と思っています。分散化を図る娘(笑)

先日退院しましたので、またたくさんブログが書きたいですー!

お母さんがしんどい、仲良しすぎる母娘、パートナーが冷たく感じる・・・

などのお悩みは、あなたの心の境界線を引き直せば解決します。

あなたのホロスコープを見ながら心の境界線の引き方を提案しますね。

maki

今日の月 7/16前のページ

占星術で婚期や転職のタイミングを知る方法次のページ

ピックアップ記事

  1. 女性が金星で開運するには
  2. 占星術で婚期や転職のタイミングを知る方法
  3. あなたを変える2020年の占星術
  4. 占星術を使えば運命を変えられます
  5. 木星さそり座時代がやってくる

関連記事

  1. 占星術(その他)

    性格が変わってくる理由を占星術でみる

    急きょ姪の小学生の授業参観へ行ってきました。3年生です。お子さ…

  2. 占星術(その他)

    占星術でみる自信と自尊心

    ワタナベ薫さんのブログから思う事があったので、占い師目線で書いてみよう…

  3. 占星術(その他)

    忘れられない恋

    忘れられない恋誰にだって忘れられない恋の1つや2つあるのではないで…

  4. 占星術(その他)

    太陽と月 眞子さまおめでとうございます

    眞子さまと小室圭さんのご婚約内定の会見を拝見しました。太陽と月…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


西洋占星術無料メール講座

フォローする

Twitter でフォロー

  1. ルノルマンカード

    今日のルノルマンカード 10/28
  2. いて座の新月 ~自分を打ち出したものが勝つ~
  3. makiのつぶやき

    必要なのは「働き方改革」ではない
  4. ふたご座の満月 生みの苦しみを味わう
  5. 占星術(その他)

    忘れられない恋
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。