忘れられない恋

忘れられない恋

誰にだって忘れられない恋の1つや2つあるのではないでしょうか。

結婚している人でも、

大恋愛が終わった後に今のご主人と出会ってあれよあれよという間に結婚した

という人もいれば

学生時代から苦楽を共にして今もラブラブ

という人もいます。

年末年始の休暇中の課題(知識をブラッシュアップしたく今も占星術の勉強を続けています)に、自分のプログレスの月を辿って各ハウスにプログレスの月が入ったときにどんなことが起きていたか振り返っていました。

私は結婚してはいませんが、ませていたので歴代元カレが何人がいるんですけども、今でも思い出深い人がいます。

プログレスの月の動きによって私の元カレ遍歴が興味深かったのでちょっとブログに書いてみようかなと。

7ハウス以降のプログレスの月

私の7ハウスにプログレスの月がかかったときのチャートです。

高校2年ですね。当時中学から付き合っていた彼を彼の大学受験の前日に振るという暴挙に出た頃です。(なんてやつだ)

ネイタループログレスートランジットです。 

興味深いのがプログレス太陽も月もアングルにかかっているところ。トランジットの冥王星は7ハウス目前、トランジットの木星土星はネイタル金星をTスクエア。プログレスの金星もかに座へ入ったばかり。(恋愛観の変化)

当時私は初めての彼氏と5年近く付き合ってたんですよね。高校生ですから周りの子は結構いろんな人と付き合ってましたけど、私はずっと彼しか知らなくて、高校生のくせに倦怠期カップルみたいになっていました。初めて行ったアルバイトの社員さんの事を好きになって、一回りくらい年上だったんですけど、独身寮みたいなお部屋に忍び込んだり、今思うと「事件です」って感じなんですけども・汗。当時はまだポケベルも持っていないし、テレカを持って近所の公衆電話に付き合ってる彼をそっちのけで(受験生だったし)、バイト先の社員さんを追っかけてました。そこで初めて違う世界を知りたいって思うようになります。(プログレス太陽はまだ12ハウス)

プログレスの月が8ハウスに入った頃に大学入学(当時の彼と完全に別れる)

プログレスの月が8ハウスの時って閉塞感や物事の進行が遅いと感じたり、陰に向きやすい時期なんですけども、この時期毎日がめちゃくちゃ楽しかったんですね。昔の私を誰も知らない人ばかりの世界が本当に楽しかったし、解放感でいっぱいでした。しんどい時期のはずなのに楽しかったのは、プログレスの太陽がアセンダントに乗って「やっと生まれてきました!」という時期に来てたし、プログレスの金星もネイタルの木星とコンジャンクション。トランジット木星がMCコンジャンクション気味。と陽の要素が多かったからだと思います。あと、高校を卒業して校則や制服にとらわれなくなったのも嬉しかった。

 

プログレスの月が9ハウスに入った頃、忘れられない恋の真っ最中でした

プログレスの月9ハウスは8ハウスで溜めた能力を開花させるときです。やぎ座のプログレスの月らしく、キャプテンやったり、委員長やったり学生生活がとても充実していたました。この頃、忘れられない恋の相手と出会います。といっても同じクラブの仲間だったんですけどね。トランジット冥王星がネイタル金星と180度、トランジット天王星がMCとコンジャンクション。私はMCが絡むタイトな不動宮のグランドクロスもちなので、ここに「改革」のエネルギーが入ります。彼とは結構上手くいっていたと思います。「結婚」ってワードがよぎったのも、若かったからもしれませんが、プログレスの金星がネイタル木星とまだコンジャンクション域だったのもあります。けど、彼とは翌年別れてしまいました。運命というか宿命というか、ネイタルのグランドクロスがそうさせるのか。私は翌年10ケ月ほど留学してしまうんです。遠距離恋愛半年ののち「今まで待っていた半年間よりもこれからの4ヶ月の方が長く感じる」そう言われました。

なぜ忘れられないのか

結局、私が帰国してから会う機会はあったし、何気に大学の卒業式も朝までずっと一緒にいたのですが、結局ヨリは戻せそうで戻せなかったんですね。。。(社会人になったら彼は職場の先輩とステキな恋をして結構早くに結婚して今は幸せな家庭を築いてるようですが)

なんで、こんなに心に残ってるのかな~って検証しちゃうのが占い師の職業病だと思うんですけど・笑

彼と過ごした時間はプログレスの月が8ハウスから9ハウスにかけてだったんですけど、当時の私は「結婚とかもちょっとは視界に入るけど、そんな早くに落ち着きたくない」という気持ちが強かったんですね。

在学中に留学するのは計画に入っていて、それも崩したくない、というか崩せないと思っていたし。親の期待から「使命」のように捉えてることの方が強くて。

結局自分のグランドクロスを貫いたんだなぁってつくづく思います。

あと、当時トランジットの冥王星がずっと7ハウスで私のネイタルの金星とも180度だったし、譲れない価値観がありながら彼とは別れたくないと思っていたし、ものすごく当時葛藤もしたので、星の動き的にも心に残ったのかもしれません。

やっぱ冥王星が絡むとあと引くなって。

今はSNSが「彼と知り合いじゃないですか?」って余計なお世話機能を発動させたときに名前を見かける程度ですね。

面倒くさくなるのもイヤなので友達申請もしてないし。

冥王星だけでなく天王星がアングルにかかった時期に別れただけに「これっきり」感が強いです。

これが天王星が太陽とトラインくらいなら「友達」レベルの関係に戻るかもですけどね。ないだろなー。

占いの現場では

こういうのってお客様にも結構あるんです。あなたはどうですか?

とても思い入れが強い恋愛が終わったとき、誰だって時を戻したくなります。

縁が途切れるときっていうのは、その時の相手の出番が終わったときだと思っています。

そして、その縁が「もうやめたほうがいいよ」って縁なほど運気的に「おわりです」って時の多いです。

あなたと彼の縁次第、縁があればまた星が再会のチャンスをもってきますよ。

占いって「彼との縁」や「未来の自分」に興味がむきます。

けども、過去を振り返ることで、昇華が可能になります。

あの時の私頑張ったなー、こんなに波乱めいた運気のなかで良くやったなー

と過去の自分と対話ができるんです。そして、浄化や昇華をして新たな気持ちで未来を見据える。

そういう風に占いを活用していくと、過去にとわられずに自信を持ってあなたの人生がおくれます。

maki

メルマガ「maki の星便り」(毎日夜配信)

アメブロでひそかに人気のあった「今日の月」シリーズを、あなたのスマホやPCに直接お届け。

星の動きだけでなく、占星術目線でmakiの開運法、幸せでいる心の作り方などもお伝えします

お茶会やイベントの案内もメルマガから配信です^^

登録はこちらからどうぞ。⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMbGdmEva
魂こめて書いていますので、本名でご登録いただけますと嬉しいです^^

 

< maki の鑑定について >

占星術の鑑定についてはこちらをご覧ください

ルノルマンカードの鑑定についてはこちらをご覧ください

※メール鑑定は少々お時間をいただいております。順番に対応しています。よろしくお願いします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。